ナチュラルマイナースケール


まずは基本のナチュラルマイナーからスタートしたいと思います。言わずと知れた事ですが、ナチュラルマイナーはメジャースケールの6番目の音(ラ)からスタートすればナチュラルマイナーそのものですよね?

移動ドの主音をラとするならばもう完成している訳です。主音をドにするならばまた別途練習が必要ですが、その場合はメジャースケールから3度/6度/7度を半音低くした音階と捉える形でスタートした方が良いでしょう。メジャースケールと比較する考え方はそれはそれで良い練習になると思いますが、ここでは主音はラという事で話を進めていきたいと思います。

メジャースケールが弾ければ自動的にマスター出来ているナチュラルマイナーですが、他の2つのマイナースケールはこれを土台にしてマスターしていきます。そのために一つ注意が必要な点があります。それは移動ドでスケールを把握する際に一般的に「シ」と呼ばれる音についてです。通常、「シ」とはメジャースケールの7番目の音、マイナースケールの2番目の音という事になります。習慣で慣れてしまっているかとは思うのですが、できればこれを「ティ(Ti)」と呼ぶように改めて下さい。

何故かというと「ソ」の半音上、ハーモニックマイナー/メロディックマイナーの7番目の音が通常「シ(Si)」と呼ばれるためです。別に両方とも「シ」と呼んでしまっても慣れて来ると弁別できてしまうのが人間の凄いところですが、同じ名前の物が2つあるのはややこしくて混乱の原因になります。特に「シ(Si)」はハーモニックマイナー/メロディックマイナーの導音で「ティ(Ti)」はメジャースケールの導音という関係ですので、余計にややこしいのです。それならば今まで「シ」と呼んでいた物を「ティ」と呼んでしまった方がずっと楽です。とりあえず両方とも「シ」と呼んでしまっても良いですが、このページでは解説の都合上次のルールに従って書こうと思います。

1 マイナースケールの2番目の音は「ティ(Ti)」である。
2 ハーモニックマイナー/メロディックマイナーの7番目の音は「シ(Si)」である。

さて、これでとりあえずはナチュラルマイナー自体は大丈夫なのですが、主音ラで練習を進める場合は一点だけ問題が残っています。それはスケール内の何番目の音なのかが移動ドの名前からぱっと出て来にくいという事です。これは楽器で練習する必要はないのですが、移動ドからスケールの何番目の音なのかはパッと条件反射的に出て来るようにして置いた方が良いです。基準はI m7の音を覚える事からスタートするのが効率が良いかと思います。

I m7=ラ(1)・ド(3)・ミ(5)・ソ(7)です。

これは次に進む前にしっかりと頭に入れておいて下さい。


[1]戻る
[2]相対音感とスケール練習〜マイナースケール編(2)

[0]トップページに戻る
2010 (c)Onlineイヤートレーニング