スケール練習はただの指の運動ではない


皆さんはスケール練習はしていますか?
スケール練習というと、ただの指の運動になってしまっている事も多くて役に立たないという印象を持っている方もいらっしゃると思います。でも、ひたすらメトロノームのテンポを上げながらどんどんスピードをあげるのだけがスケール練習ではありません。

スケール練習のもう一つの重要な側面は楽器上で音の並びを構造的に把握する事です。楽器毎に構造の捉え方は変わって来るかもしれませんが、スケール練習がそのための重要な練習である事はどの楽器でも変わらないと思います。

では、何をどのように練習していけば良いのか?ここを考えてみましょう。

重要なスケールは3種類


スケールというと際限なく色々な種類があるような気もしますが、ジャンルに関係なく重要なスケールの数は意外と数が限られているものです。イレギュラーな物は重要な物を把握しておけば結構対応できるものです。

先に言ってしまうとメジャースケール、ハーモニックマイナースケール、メロディックマイナースケールの3種類です。(これ以外にペンタトニックも重要ですが、イレギュラーな部分が多過ぎて話題が脱線しそうなのでここでは除外しておきます。)

本で奏法解説とか読んでいたらそれ以外に一杯スケールが出て来るぞという方もいらっしゃるでしょう。一応、理由も触れておいた方が良いかもしれないですね。

まずロック系から。まずドリアン、リディアン、ミクソリディアン。よく耳にするスケール名だと思います。全て音の並びはメジャースケールと一緒です。Dドリアン,Fリディアン,Gミクソリディアン=Cメジャースケールな訳です。違うのはバックのコード感です。 試しに|Dm7 |G7 | の繰り返しの上でCメジャースケールを弾いてみればそれでドリアンになってしまいますね?

次にジャズ系。こちらの方面の方にはおそらくそんな事今さら解説されるまでもないと言われてしまいそうですが・・・。ナチュラルテンションの7thコードでよく使用されるリディアン♭7はメロデイックマイナーと同じ並びです。オルタードテンションの7thコードでよく使うオルタードもメロディックマイナーと同じ並び。とりあえずホールトーンとかコンディミはこの法則からはずれてしまいますが、かなりの部分は3つのスケールに集約している訳です。


[1]戻る
[2]相対音感とスケール練習〜メジャースケール編(2)


[0]トップページに戻る
2010 (c)Onlineイヤートレーニング