トライアド(3和音)での音感トレーニング


さて、ダイアドでの音感トレーニングはうまくいきましたか?うまくいかない方は焦らずにC Majorでできるようになるまではそちらに集中して下さい。ここからはトライアド(3和音)での音感トレーニングに進みます。

C Majorのトライアド

この楽譜はトライアド(3和音)と単音での組み合わせ(6パターン)です。まずは和音をよく聴いて、それから組み合わせ6パターンを歌えるようにしていきます。

(1)音を聴く

やる事はダイアドと一緒でひたすらよく聴いてみるだけなのですが、難易度が上がるのでちょっとだけヒントです。鳴らしても3つの音が分離して来なかったらまずは単音で1個だけ音を鳴らして、それから和音を鳴らしてみましょう。和音の中に先ほどの単音が入っていないか、耳で探ってみて下さい。ダイアドの時と違って、和音に入ってからは歌う練習も並行して進めてみるのも良いでしょう。

(2)3つの音を順に歌う

歌う順番はまずはダイアドと同じように下から上の順が良いのではないかと思います。できるようになったら順番を入れ替えてみましょう。(楽譜に書いた通り、6パターンの組み合わせがあります。別に順番は楽譜に従う必要はありません。)もちろん他のコードでもできるようにしていきましょう。

Cのダイアトニックを完成したいならDm→Em→F→G→Am→Bdim、まずはメジャートライアド制覇ならG→D→A→E→B→F→Bb→Eb→Ab→Db→Gbみたいな感じで進めてみてください。


[1]戻る
[2]初心者のための相対音感トレーニング(1)
[3]ちょっとだけ視唱でテスト
[4]ちょっとだけ聴音でテスト

[0]トップページに戻る
2010 (c)Onlineイヤートレーニング