ドレミファソラシドはちゃんと歌えますか?


「何を馬鹿な事言ってんだ」とお叱りを受けるかもしれませんが、まずはちょっと音感テストです。楽器等でド(C)を確認してみて、ドレミファソラシド(C Major scale)と歌ってみて下さい。一オクターブ上のドまで来たら楽器でまたCを鳴らして確認してみます。ひょっとして歌った音がはずれていませんでしたか?もしずれていたならば、これからしばらく毎日2,3回で構いませんので、同じ事をやるようにしてみて下さい。

ダイアド(2音)での音感トレーニング


それでは練習らしい練習をスタートしましょう。ダイアド(2音)での音感トレーニングからスタートしたいと思います。ここではC Majorでのトレーニングを紹介したいと思います。

C Majorのダイアド

この楽譜はC Majorの7つのダイアドです。2つの音を同時に鳴らしてそれをよく聴き、歌う。これがもっとも基本的な音感のトレーニングです。以下の手順で7つのダイアドを聴き取り、分解して歌えるようにしてみて下さい。ひょっとしたら離れた音の方がコツがつかみやすいかもしれません。その場合は譜面の右側のダイアドから順にトレーニングを進めても構いません。

(1)音のうねりを聴く

2つの音を同時に鳴らしてよ〜く耳をすまして聴いて下さい。音が消えていく過程でうねうねと2つの音が鳴っているのが感じられますか?ギターやベースを耳でチューニングする人なら音がずれているとうねりが出るのを知っていると思います。あれと同じようなものです。音が完全に消えるまで焦らずじっくりと聴きましょう。

これは私の主観ですが、上の音と下の音が交互に表に出て来ては入れ替わりしているように感じられます。あなたの聴こえ方はひょっとしたら違うかもしれません。 音の塊の中に2つの音がある事が感じられるようになれば成功です。初めはうまくいかなくても、1日15分、1週間も続ければ聴こえ方が変わって来るはずです。 のんびり構えてやってみてください。

(2)2つの音を順に歌う

同時に鳴らした2つの音が聴こえるようになってきましたか?それでは今度は鳴っている音を聴きながら下から上の順に歌ってみましょう。

歌ったら再度音を鳴らして正しかったかどうかチェックしてみます。どうですか、イメージしていた音は正解だったでしょうか?うまくできたら、上から下の順にも歌ってみて下さい。余裕があれば、同様に他のキーでもトレーニングしてみて下さい。


[1]戻る
[2]トライアド(3和音)での音感トレーニング
[3]ちょっとだけ視唱でテスト
[4]ちょっとだけ聴音でテスト

[0]トップページに戻る
2010 (c)Onlineイヤートレーニング