日本での移動ドの読み方


日本で一般に使われている移動ド読みの仕方についてまずは触れておきたいと思います。

当然各keyのルート音をド(マイナーkeyではラかド)として読んでいく訳ですが、bや#の場合はどうするのかというのが問題です。楽譜を見て歌う際にレシャープだとかソフラットだとか、そんな長い名称を使う訳にはいきません。ですので、視唱の時にはbや#は頭の中で意識するだけで、声に出すのはbとや#を付けない名称にします。つまり、ソ#でもソbでもソと読んでしまう訳です。確かにこの方法でも相対音感は身に付きますが、あまり賢明とは言えないように思えます。何か良い処理方法はないでしょうか?


[1]戻る
[2]#やbの読み方の提案
[3]マイナーkeyの主音の問題

[0]トップページに戻る
2010 (c)Onlineイヤートレーニング