Pingを設定する〜WordPress導入顛末記(2)

とりあえずWordPressの設置が完了したところで設定に移った訳ですが、記事を書く前に気になったのがPingの送信。
WordPressでは記事の編集時にPing送信を行ってしまうという事で、修正した時などにも勝手に送信を行ってしまいます。
場合によってはスパム行為とも取られかねないので何かいい方法がないかと考えていたところ、こんな物を発見しました。

Smart update pinger 日本語

WordPress用のPing送信管理のプラグインです。
導入すると記事の投稿時にPingを自動的に送信するようになります。
プラグインの設置はサーバのwp-content/pluginsにファイルをアップロードして、管理画面で有効化するだけです。
たったこれだけなんですが、検索してもプラグインの使い方が分からず一時間もかかってしまいました。
単に私の調べ方が悪かっただけの可能性大ですが。

以下、設定完了までの覚え書きです。

  • Smart update pingerのスクリプティングデリミィタが<?になっていたので、念のため<?phpに書き換えて保存。
  • wp-content/pluginsファイルをアップロード。
  • WordPressの管理画面にログイン。画面右側上の「プラグイン」をクリック。
  • プラグイン管理画面が表示され、プラグインの一覧が表示される。
  • 「停止中のプラグイン」の中に表示されているSmart Update Pingerの「使用する」をクリック。

以上で設定は完了です。
設定が完了したらWordPressの管理画面右側上の「設定」に行ってみましょう。
メニューに「Smart Update Pinger」が新たに加わっています。
ここでPing送信先のサーバの入力等が行えます。

Ping送信先のサーバに関してですが、沢山入れたところで効果があると私はあんまり思えないです。
なのでとりあえず国内メインで適当に。一つ目のhttp://rpc.pingomatic.com/に関しては元々入っていたのでそのままです。

http://rpc.pingomatic.com/
http://rpc.reader.livedoor.com/ping
http://ping.rss.drecom.jp/
http://ping.ask.jp/xmlrpc.m
http://ping.fc2.com
http://rpc.technorati.jp/rpc/ping
http://ping.namaan.net/rpc/
http://www.blogpeople.net/servlet/weblogUpdates
http://blog.goo.ne.jp/XMLRPC
http://blogstyle.jp/xmlrpc/
http://www.blogoole.com/ping/
http://www.blogoon.net/ping/
http://blog-search.net/up.php
http://ping.bloggers.jp/rpc/

http://blogsearch.google.co.jp/ping/RPC2

これに加えて後はYahoo!ですね。
Yahoo!に関しては
http://api.my.yahoo.co.jp/RPC2
http://api.my.yahoo.co.jp/rss/ping?u=あなたのサイトのRSSファイルのアドレス
の2つのどちらでも良いらしいのですが、私はなんとなく下の方を使ってます。

WordPressのRSSファイルのアドレスは
自分のWordPressのアドレス/?feed=rss2
です。

私の場合はhttp://eartraining.sakura.ne.jp/blogにWordPressを設置していますので、
http://eartraining.sakura.ne.jp/blog/?feed=rss2です。

プラグインは色々あっておもしろそうですが、とりあえずはしばらく使ってから何が必要か考えて加えていこうかなというところです。
興味本位でがんがん追加していくと収拾がつかなくなりそうなので。

カテゴリー: Blog運営/WordPress タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">